カテゴリ

ヒアルロン美潤限定お試しパック

★5大特典つき!ヒアルロン美潤限定お試しパック/ヒアルロン酸★送料無料★【薬剤師が開発したヒアルロン酸専門店 「お肌の駆けコミ寺」】

="★5大特典つき!ヒアルロン美潤限定お試しパック/ヒアルロン酸★
送料無料★

まずはお試しパックから。お得な5大特典付きです!

ヒアルロン美潤限定お試しパック/お客様の声

★5大特典つき!ヒアルロン美潤限定お試しパック/ヒアルロン酸★
送料無料★

<<お客様の声>>

サンプル、試しました! 飲みやすさなどは、
サプリメントとしてこんなものでしょう、って感じです。
効果、といえるかどうかはわかりませんが、かさかさで
粉吹き顔だったのが化粧が楽になるくらい、落ち着いてきました
。ほっぺの辺りがつやつやと・・・(笑)
続けたら期待できそうかも♪


このサプリメントは、味、ニオイ等、全然気になりませんし、
ツルツルしていてとても飲みやすいものでした。
粒の大きさや量については、小さい方がそして少ない方が良いに
決まってますが、このくらいの大きさ、量は合格点なのではないでしょうか?アレルギー反応なども出てません。
飲みつづけることは、苦にならない良い感じのサプリメントでした。


一日、二日では分かりませんでしたが、一週間飲み終える頃には
乾燥肌が緩和しました。
それよりも、毛穴が目立たなくなったような気がしてビックリ
しています。
ほかの美容系サプリではこんな実感したことがなかったので、
良いかも!って思ってます。

posted by 123 at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | お客様の声

きれいになるためには、塗るタイプ?飲むタイプ?

ヒアルロン酸の入っている商品を探していると直面するのが、
塗るタイプと、飲むタイプ。
塗るタイプの化粧品と、飲むタイプのサプリメントどっちがいいの?
・・なんて悩む人が多いことだと思います。

そこでポイントになるのがお肌の成分吸収と成分分子量。


【分子量が大きい成分は、お肌からの吸収が悪い!】
これ、とっても大切なことなんです!

通常のヒアルロン酸は100万〜800万という分子量なのですが、
皮膚に対する浸透性が悪く、皮膚の奥にある真皮までには確実に
届かないんです。

ちなみに、人間の皮膚は、
通常では分子量が3000以下ぐらいでないと効率的に浸透しません。

化粧品の場合、化学的に薬品を使ったり、高熱をかけて無理やり
低分子化したものもあるのです。

しかし、小さければいいかというと、そういうわけでもなく、
小さすぎると折角の「保湿力」が落ちてしまい、十分な効果が出ません。

ここで誤解がないように言っておきますが、皮膚の表面の
「表皮」だけでもヒアルロン酸の成分はかなり保湿効果はあるんです。
でも、それは一時的で保水力が続かないのです。


結局、同じようにヒアルロン酸を取るのであれば、塗るだけだと
その影響は表皮だけとなり、短期間、かつ一時的な保湿にしかなりません。

ヒアルロン酸を飲んで体内に吸収させ、表皮のさらに奥の真皮の部分に
体内から働きかけるほうが圧倒的に効率よく合理的です。

真皮部分にヒアルロン酸が届くと、そこで人間の力で再合成される
ことがわかっています。
また、表皮より真皮の方が、弾力をつかさどる場所なので圧倒的に
ヒアルロン酸をたくさん確保することができるために保湿を
より効率よくできます。

なので、飲むヒアルロン酸の方が、お肌の真皮まで届いて
体全体が綺麗になっていくのです。

低分子ヒアルロン酸って?

ヒアルロン酸には通常の「ヒアルロン酸」と「低分子ヒアルロン酸」
の二種類あります。

通常のヒアルロン酸は、分子が大きいので皮膚に対する浸透性が悪く、
飲んでも体の中への吸収がとっても悪いのです。

つまり普通のヒアルロン酸は、驚くことに塗っても飲んでも
ほとんど効果が見られないのが実情です。

そこで、最近開発されたのが<<低分子ヒアルロン酸>>です。

<低分子ヒアルロン酸>とは、
通常のヒアルロン酸での場合、体への吸収が悪いため、大きな分子量の
ヒアルロン酸をもっと小さいサイズまで切って、体への吸収率を高めた
ヒアルロン酸成分です。

「切る」といってもハサミやカッターでは切るわけではなく、
通常、化学的に薬品を使ったり、熱を加えるような特別な処理で
小さいサイズに分解しています。

そこで、これから商品を選ぶ時は、「ヒアルロン酸」という言葉で
選ばずに「低分子ヒアルロン酸」と記載されているものを選ぶうように
しましょう!

これを知っておくことで、きれいになるためのヒアルロン酸成分を
見抜くことができるはずです。

ヒアルロン酸の必要量

ヒアルロン酸は、さきほど1gで6000mlの保水性があることを
ご説明しましたが、例えば、体重60キログラムの人は、
全体重が水としてもたった10グラムのヒアルロン酸があれば、
保水することができます。

実際、体重全部が水分ということはないので、少しの量で十分若さの
表現である容姿や形態を保つことができるわけです。

ヒアルロン酸の役割

●ヒアルロン酸の皮膚での役割

歳をとるとヒアルロン酸が減少しているため、水分が少なく、
皮膚の表面は乾燥し、張り(弾性)がなくなってきます。
ヒアルロン酸を補うことで十分に水分を保つことができ、皮膚は潤い、
弾力がででくるようになるのです。


●ヒアルロン酸の関節での役割

ヒアルロン酸の粘弾性の特性より、ひざなど関節のクッションとして、
また骨間の動きを滑らかにする潤滑剤の役割として働いています。


●ヒアルロン酸の目での役割

ヒアルロン酸は眼球の内部の硝子体(がらすたい)に多く
含まれています。
粘弾性の特性より、目の内部のクッションの役目や眼球の形を
維持する働きをしています。

<補足>
医薬品として、関節機能改善剤、眼科手術補助剤、点眼剤など
医療現場でも使用されています。

また1980年ごろからヒアルロン酸の基礎化粧品への応用が始まって、
乳液、クリーム、化粧水、パックなど幅広く商品化されています。

ヒアルロン酸には保水性のほかに水に溶かした場合の粘りにも
特徴があり、この粘性を他の化粧品と組み合わせることによって、
使用感が大変滑らかになります。

しかも角質を柔軟にする働きもあり、スベスベで、柔らかな
潤いある肌になるのが特徴です。

ヒアルロン酸の特性

ヒアルロン酸は通常存在している形は、白色の無定型なのですが、
体内の組織において存在する形は、「まり状」の形態になっています。

1グラムあたり6000mlの水を保持することできると言われている
ほどです。

小さじ1杯の食塩が約5gですから、大まかな量でいくとヒアルロン酸
小さじ一杯で、30リットル。
通常の大きな1.5リットルのペットボトル20本の水を蓄える
ことができます。

また、ヒアルロン酸を水に溶かすと、しなやかな粘りをだし、
無色透明でにおいはありません。
非常に高い粘性と弾性が特徴です。



ヒアルロン酸って?

ヒアルロン酸は人間の体では、水分の多い組織、つまり、皮膚や関節液、
へその緒、心臓の弁膜、大動脈、腎臓、眼球に存在しています。

動物にしか存在せず、牛や鳥などにも存在しています。

ヒアルロン酸は、各組織に存在して、保水性により細胞間に
たっぷり水分を蓄える働きや弾力性によりクッションの働きをしたり、
粘性と滑らかさにより関節などの潤滑剤になったりしているわけです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。